4月保険料改定|シマダハウス株式会社

NEWS

2018年3月1日
4月保険料改定

生命保険各社が2018年4月に保険料の改定をする見込みで、

生命保険・医療保険・がん保険等において、値上げと値下げが混在する予定のようです。

改定の理由は、保険会社が保険料を決める「標準死亡率」が11年ぶりに下がる為です。

 

「標準死亡率」が下がったのは医療の進歩により平均寿命が延びたからです。

平均寿命が延びたことにより、生命保険の死亡保険の支払いが減少します。

その結果、【生命保険の値下げ】となります。

 

一方、平均寿命が延びると医療保険・がん保険の給付金の支払いが増える要因となりますので、

【医療保険・がん保険は値上げ】の要因となります。

 

加入するタイミングは人それぞれあるかと思いますが、

保険料が安くなるタイミングを狙って加入しても、

その間に必要な保障を得られない可能性もありますので、

値上げ・値下げに左右されず、必要な時に家族と相談し加入するのが大切かと思います。

 

大瀬

 

最近の記事

  • シマダハウス株式会社 2018.12.8

    あれから半年・・・

  • シマダハウス株式会社 2018.12.4

    認知症保険 新商品相次いで登場

  • DSCF2184_R 2018.12.3

    新規管理物件受託!

  • シマダハウス株式会社 2018.11.28

    『相続税から引ける7種の税額控除 その5・6・7』

  • 2018シマニューサムネ 2018.11.15

    シマニューvol.11

  • 数値関係 2018.11.14

    損保3社 風水害増加で・・・。

もっと見る

バックナンバー