この検査が大切なんです!|シマダハウス株式会社

NEWS

2018年6月18日
この検査が大切なんです!

コア外観写真

大規模修繕工事を実施中の現場にて「社内下地検査を行いました。

下地検査とは、タイル面の浮き、割れの補修工事を行った後に、

シマダの社員が工事後の検査を行うことです。

コア 打ち合わせ風景


下地補修工事は大規模修繕工事の中で、とても重要な工事になります。

下地補修工事の良否が、大規模修繕工事の良否になります。

工事中の物件はタイル張りのため、タイル補修後、タイルの浮き、

注入による割れ等をタイル面全体を打診して検査します。

検査2

 

今回は、資産運用事業部の新入社員研修、SRPの検査要員の研修で、

検査前に打診方法、打診音の見極め等を実地講習を行い実際に検査を行いました。

オーナー様にご満足いただけるよう、最後までしっかりと施工管理をして参ります。

 

PS

先日開催されました、オーナー様向けセミナー「RCマンションの大規模修繕」

は大盛況で終わりました。

大規模修繕工事に関しお困りごとがありましたら、

随時受付しておりますので、お気軽にお問合せください。

 

戸澤

 

 

最近の記事

  • 写真➂ 2019.6.17

    ライフサポート特命チーム!

  • シマダハウス株式会社 2019.6.15

    室内リフォームの業者会を開催致しました!

  • 仙台城 2019.6.4

    ずんだシェイクは売り切れでした・・・

  • シマダグループ 2019.6.3

    シマダグループ新人研修

  • IMG_1337 2019.5.30

    企業対抗駅伝2019

  • シマダハウス株式会社 2019.4.22

    「5G」について、調べてみました

もっと見る

バックナンバー